権利収入に対する偏見

今日は、労働収入と権利収入にの違いをわかりやすく説明した動画をアップしました。

少しでもMLMに対する考えが肯定的になればなぁ〜という思いです。

日本人は外国に比べてネットワークビジネスを嫌う傾向があります。

国民性なのでしょうか。

という私も、昔は全く聞く耳を持たない方でしたが(笑)

それが、なぜ・・・

一番の理由は、ネット上でできるということでした。

インターネットが普及していなかった昔と違って、今はネットで展開しているMLMも多数あります。

あとは、会社が旅行倶楽部ということで、海外旅行好きの私にピッタリだったこと。

この会社について知った当初は、代理店としてではなく1ユーザーでもいいんだけど・・・と思ったくらいです。

今はもちろん、代理店登録しておいて良かったと思っています。

旅行倶楽部なので、もちろん在庫を持つなどありません。

聞いた話によると、ア○ウェイなどはアップがダウンにノルマを課して在庫をいっぱい抱えている人がいるとか。

皆がそうではないと思いますが、そういう噂を聞いたことがありますよね。

真実かどうかは不明ですが、MLMはこういった噂話が絶えないですね。

ネット上で「MLMは詐欺」だと堂々と批判している人は、間違いなく実際にやったことがない人です。

実際にやったことがある人は、MLMが詐欺ではないことは知っているからです。

アップにノルマを課せられるような会社で散々な目にあった人は、会社の選択を間違えています。

自分の選択ミスを他人のせいにして批判するような人は、どんな仕事・どんな会社でも一生他人のせいにして成功しない人です。

I ❤️ 権利収入

さて、前置きが長くなってしまいました。

あなたは、この動画を見てどんな感想を持つでしょうか。

権利収入は、決して楽して収入を得ているわけではないです。

最初は、労働収入と同じか、それ以上に大変です。

ですが、それが一生続くわけではないと言うことです。

最初だけ一生懸命頑張れば、あとは自分の好きなペースで仕事をして、趣味を楽しむ時間を増やしても収入は安定しているのです。

現在、会社勤めをしている人も、必ず定年まで働けるとは限りません。

副業を認めている会社で働いている人は、どうして会社が副業を認めているのか考えたことがあるでしょうか。

会社も多少なりとも危機感を持っているからではないでしょうか。

また、年齢と共に体力は衰えますので、一生労働収入は大変だと思います。

「老後貧困」「下流老人」など貧困高齢者の話題は、最近テレビや雑誌でもよく取り上げられています。

貯金がいくらあれば大丈夫というのは机上の論理です。

人生、何が起こるか誰にもわかりません。

自分が予想以上に長生きすることもありえます。

それよりも何よりも、やはりお金に余裕があると心にも余裕ができ、穏やかな生活ができます。

ほんの少しのプラスα収入だけでも、間違いなく心にゆとりが生まれると思います。

また、収入が入るようになれば嬉しくて、また頑張ろうという気になるものです。

最初から頑張らなくとも、自分のペースですればいいのですが、収入は頑張ったぶん反映しますので・・・おわかりですよね?(笑)

やはり、ハングリー精神のある人は、初月から凄い収入を得ています。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

諸行無常

山一證券の自主廃業を覚えている方もいらっしゃるかと思います。

あれからもう20年にもなるんですね。

当時は本当に驚きでした。

山一證券の社員というとエリートというイメージがありました。

前途有望な会社へ入社したつもりが・・・ですよね。

野澤社長の涙の記者会見映像は、観たことのある人は多いと思います。

あの発言に至った経緯のリンクを貼りたかったのですが、リンクしようと思った記事が既に削除されていました。

その記事を読んで初めて、あの記者会見に至る真相を知りました。

記者会見前に野澤社長と労働組合との話し合いがあったようなのですが、その会話に私は思わずうるっときたのです。

労働組合で働いたことのある私は、とても辛かっただろうなととても胸が熱くなりました。

この年、それまでは日本では考えられなかった、主要金融機関の破綻が相次いだのです。

どんな優良企業に就職しても安泰とはいえない時代の始まりです。

そして、もう一つご紹介したいのが、高城剛さんのコチラの記事。

この記事の相談者の方は、とても幸せな方ですね。

ですが、もしもの時のことを考えていないような気もします。

高城剛さんの仰るように、大企業につとめている恩恵を最大限に受けた生活が永遠に続く、と思ってはいけないと思います。

もちろん、定年まで大企業の恩恵を受けたまま退職するのが一番ですが「備えあれば憂いなし」です。

高城剛さんは、時間と余裕があるときに行うのは自己投資やリサーチに限ると仰ってます。

それにしても相談者さんの1ヶ月の自己研鑽休暇って、羨ましすぎです。

自己研鑽なのだから、私なら本を読みまくりますが、セミナーに出まくるというのもありかな(笑)

皆さんなら何をしますか?

 

私の参加しているMLMについて、少し話を聞いてみようかな〜と思われた方、LINE@に登録後1:1トークモードにてメッセージを下さい^^