Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

毎年2〜3回はビーチリゾートへ行っていますが、旅行ブログを書くのは初めて⛱

海外旅行好きなこともあり、海外旅行系のネットMLMに参加しました。

昨年ブログを始めた相方の影響もあり、頑張って旅行ブログを書きます♪

今回は8月に行ってきたプーケット旅行について写真をメインに書いてみます(笑)

航空会社のマイルの関係もあり、シンガポールとクアラルンプールを経由してプーケットに行きました✈️

前回のペナン旅行も、クアラルンプール経由。

その際はクアラルンプールにも滞在し観光しましたが、今回は経由のみ。

シンガポールにも滞在を検討しましたが、今の私たちにはあまり魅力を感じない場所なのでやめました(笑)

スカイクラブラウンジ@成田空港

初のデルタ航空利用。

いつもはJALラウンジですが、今回は搭乗時間までスカイクラブで。

スカイチームに加盟している航空会社を利用する人が利用できます。

あっ、たぶん全ての人が利用できるわけではないと思います‥私はいつも相方のおまけです(^_^;)

スカイクラブは2回目の利用だと相方に言われたのですが、全く記憶にございません 😆

こんな看板の飾り、忘れないような気もしますが・・・

JALファーストラウンジにはかないませんが、魅力的な食事があって満足です。

お酒はこんなにあります。

機内食が出るので、控えめを心がけるのですがついつい食べてしまいます(笑)

特におやつは・・・ 😉

ラウンジから見えたデルタ航空機。

デルタ航空機内食 成田〜シンガポール便

初めての航空会社を利用する際、一番楽しみなのが機内食です。

機内食ってなんだかワクワクしませんか?

機内に乗り込んで最初にチェックしたのはコレ!

私は、鶏肉ソテー、相方はビーフソテーと分かれました。

食事の写真を先にアップしましたが、ミールの前のドリンクがこちら。

私はいつも赤ワインとオレンジジュースをミックスして、即席サングリアをいただきます。

CAさんには驚かれたり苦笑いされたり、反応が楽しみでもあります(笑)

相方はいつもビール🍺

軽食は、レモンヨーグルトドーナッツと飲み物。

私はスタバのディカフェコーヒーをいただきました。

デルタ空港アメニティー 成田〜シンガポール便

お決まりのアメテニティのアイマスクとイヤホン。

そう言えば、ガルーダは靴下とアイマスクがセットになったポシェットが付いています。

捨てがたくてもういくつも溜まっています 😆

靴下は洗えばまた使えるので、今回の旅行の際もそのセットを持って来て使用しました(笑)

ブランケットと枕も付いていました。

最近は、どの飛行機もUSBが付いていて便利。

画面は小さかったです。

相方は、少しでも画面が大きい方がいいとiPad miniに接続して、そちらで映画を観ていました。

私はもっぱら読書📖

デルタ航空クルー 成田〜シンガポール便

今まで、いくつかの外資系エアラインに乗っていますが、正直クルーの印象はあまり良くないです。

ゴミ箱の場所を聞いて、何も言わずアゴで示された経験もありますから(笑)

デルタ航空のクルーは皆とても感じがよくフレンドリーな印象でした。

成田便だからたまたまなのか、男性も含め全員日本人?に見えました。

外資系ではありそうもない気配りも感じました。

そして、初デルタで一番感動したことが一つあるのです。

普通は機内から降りる際、CAさん達が並んで挨拶をしていますが、デルタは機長と副操縦士も一緒に並んで挨拶をしていたのです。

行きの便がたまたまなのかと思ったのですが、帰りもやはり機長・副操縦士が出て来て挨拶をしていたので、デルタでは全ての便でそうしているのかもしれません。

初めてのことだったので、なんだかとても印象的で感動しました。

シンガポール チャンギ国際航空到着

シンガポールに到着したのは深夜。

イミグレーションはこんな感じ。

チャンギ国際空港内は、こんな感じで緑のアートが多いです。

一旦は寝るだけのためにホテルへ向かい、また翌朝チャンギ国際空港へ。

SATSプレミアムラウンジ@チャンギ国際空港inシンガポール

翌朝チェックイン後、2Fのプレミアムラウンジへ。

2Fへ上がるエスカレーターから撮った写真。グリーンアートが多いです。

マレーシア航空利用客が使用できるのがSATSプレミアムラウンジ。

確か3つくらいプレミアムラウンジがあったと思います。

利用する航空会社によって分かれているので、どのプレミアムラウンジが使用できるのか確認が必要です。

ラウンジで朝食。ピンボケしてますが(^_^;)

充電もラウンジで完了!

女性用トイレには、シャワーやドライヤーも。

男性用はみていないのでわかりません(笑)

ラウンジには、マッサージチェアもありました。

ホテルで朝食を食べたので、ここのラウンジではコーヒーのみ。

マレーシア航空にてシンガポールからクアラルンプールを経由してプーケット

そして、マレーシア航空で経由地のクアラルンプールへ。

飛行時間は1時間弱で、スナック&ドリンクのサービス。

帰りも同じ経路で帰国したので、出たものは同じです(笑)

クアラルンプール国際空港では、前回のペナン往復時にも利用したゴールデンラウンジ。

どのラウンジでも無料Wi-Fi、USB、コンセントが利用できて便利です。

ここは、シャワー以外にお昼寝スペースもあります。

そして、ラウンジではやはり食べてしまいます(笑)

どんだけ食べるんだ〜と声が聞こえてきそうですが・・・

このチーズパニーニはカウンターでオーダーすれば作ってくれます。

美味しかったです👍

搭乗時間がきて、やっと最終目的地プーケットへ向かう飛行機へ。

機内食で軽食が出ましたが、流石にお腹がいっぱいでお持ち帰りです。

そして、最終目的地のプーケットに到着!

プーケット国際航空からプーケット・カタビーチへ

荷物をピックアップ後、カタビーチまでの移動手段の手配。

カウンターは二つあり、運営している会社が違うのだと思いますが、どちらも料金は同じでした。

写真左側のカウンターのお姉さんが、私たちに向かって手を振ったので導かれるように左へ行きました(笑)

タクシーだと一台1000バーツ、ミニバスだと一人200バーツ。

二人なので、お得なミニバスチケットを購入しました。

ミニバスの時間を聞いたのですが、お姉さんの英語はさっぱりわかりませんでした(⌒-⌒; )

5番出口を案内され、出口を進むとこれまたカウンターが二つ。

チケットの販売会社別にカウンターを設けているようです。

私は購入した会社とは違う会社のカウンターでバスの時間を聞いてしまい、すごい嫌そうな顔で別のカウンターを指さされました。

それがこちらのカウンター。

そしてもう一方のカウンターへ行き、再度バスの時間を聞きました。

それが、こちらのカウンター。

バスの時間は決まっておらず人数が集まれば出発するとのこと。

えっ・・・マジ?!

一体どれくらい待つのかと一瞬不安になりましたが、とりあえず椅子に座って待機。

なかなか呼ばれないので、機内からお持ち帰りをした軽食をペロリといただきました^^

行き先によってチケットの色が違うのですが、カタビーチ行きの黄色のチケットを持っている人が周りにいる様子もなく、マジで不安になりました。

食べ終わってちょっと退屈している写真です。

正確には記憶していませんが、1時間弱くらいで「イエロー」と呼ばれ、カタビーチ行きのミニバスへ乗り込みました。

ホテルへ向かう途中、バス会社の事務所のようなところへ寄り道。

事務所内で、滞在日数と滞在中の過ごし方を聞かれました。

対応してくれた方は年配の優しそうな女性で、質問はその2点のみ。

その後、またすぐバスへ乗り込みました。

一緒にミニバスに乗っていた方も、全員事務所内で話をしていたので同じようなことを聞かれていたのでしょうか。

結局、謎の寄り道で、その後それぞれのホテル近くで順に降ろしていきました。

私たちのホテルが一番遠くて最後だったので、ホテルエントランスで降車。

空港からホテルまで、約2時間。

タクシーなら1時間くらいで到着していたと思います。

宿泊先は、チャナライガーデンリゾートホテル。

ホテル情報は次回へ 😀